ライフスタイル

薬との飲み合わせを避けるべき食品

うっかり者なとり

薬を飲みたいんだけど、食前に飲み忘れちゃって…一緒に食べてもいいのかな?

てきとうなとり

いいんじゃない?大丈夫でしょ!胃袋に入れば一緒でしょ?

薬には、特定の食品と一緒に口にすることで薬の効果が弱くなったり、逆に強くなるものがあります。

中には命に関わるようなリスクが生じるものがあります。

今回は、医療従事者の視点から、特に組み合わされてしまう可能性の高い食品をいくつかまとめてみました。

また、相互作用について紹介しています。

この記事を読んで、少しでも薬を飲むときの参考になればなと思います!

薬との飲み合わせを避けるべき食品

グレープフルーツ

グレープフルーツの輪切りのイラスト

グレープフルーツの渋み成分が肝臓での薬物成分を分解する効果を阻害してしまいます。

そのため、血液中の薬物濃度が高くなり過ぎてしまいます。

飲み合わせNGの薬
  • 一部のカルシウム拮抗薬
  • 高脂血症治療薬
  • 精神神経薬
  • 催眠鎮静薬

特に、狭心症薬であるカルシウム拮抗薬は肝臓の酵素で代謝されます。

グレープフルーツの成分によって代謝が阻害されると薬の効き目が強くなってしまいます。

すると血圧低下や、心拍数の増加を引き起こしてしまいます。

納豆、クロレラ

パック入りの納豆のイラスト

食品に含まれるビタミンKの作用により、血液が固まりやすくなってしまいます。

そうすると、血栓ができやすくなります。

飲み合わせNGの薬
  • ワルファリン(抗凝固薬)

緑藻類のクロレラはもともとビタミン豊富な栄養バランス食品として有名です。大量に培養されて、健康食品にも使われています。

またビタミンKを大量に含みます。

ワルファリンは、肝臓において、ビタミンKの効果で血液を固まらせる細胞の働きを阻害し、血液が固まるのを防いでいます。

クロレラを摂取すると、大量のビタミンKが体内に入ってくるわけなのでワルファリンの効き目が弱まり、血液凝固がおこりやすくなってしまいます。

チーズ

チーズのイラスト(薫製)

チーズに含まれるチラミンの分解を阻害し、チラミン中毒になる可能性があります。

これにより、顔面紅潮、頭痛、血圧上昇などがあらわれます。

飲み合わせNGの薬
  • 一部の抗パーキンソン剤
  • 消化性潰瘍治療薬
  • 抗結核薬
  • 精神神経薬

にんにく

にんにくのイラスト

にんにくは血液をさらさらにする作用があります。

この作用により、出血が止まらなくなってしまう可能性があります。

飲み合わせNGの薬
  • ワルファリン(抗凝固薬)

ゴーヤ

ゴーヤのイラスト(野菜)

ゴーヤには血糖値を下げる作用があります。

作用の増強で血糖値が下がりすぎる危険があります。

飲み合わせNGの薬
  • 一般的な糖尿病治療薬

マグロ、サバ、イワシ (生のもの)

マグロのイラスト

魚の死後、時間が経過するにつれてヒスタミン中毒になる可能性があります。

主な症状として、嘔吐、頭痛、発疹、動悸などがあります。

飲み合わせNGの薬
  • 一部の抗結核薬

専門家に相談できるサイトを紹介

①こちらのサイトでは、24時間、医師に1対1で薬の相談ができます。

https://www.justanswer.jp/

②こちらは電話による24時間相談可能な場合も含む薬の相談窓口一覧です。

https://scuel.me/consultation/13.html

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は薬との飲み合わせを気をつけないといけない食品について上げていきました。

食べ合わせによっては薬は、薬にも毒にもなり得ます。

ほかにもいろいろ組み合わせてはいけない食品があります。

1度調べてみるといいかもしれないですね!

ABOUT ME
misa
医療従事者 2020.4.30 blog start! 医療・健康についての記事を書いていきます! よろしくお願いします!